written by 真里絵真里絵icon

初対面で好かれるには~
デートで使える最高の第一印象の与え方

マッチングアプリでマッチングし、ついに初デートまでこぎつけたけどうまくいくか心配…と不安な気持ちになっているそこのあなた!
初デートしたものの、いつも2回目以降に繋がらない…とお悩みのそこのあなた!
そんな人見知りでデート初心者な皆様は必見!

今回は心理学で有名な「メラビアンの法則」をもとに、初対面の女性との初デートの際の技を私なりの解釈と具体例を示しながらをお伝えします。
ぜひお付き合い下さい。

メラビアンの法則って何?!

メラビアンの法則の円グラフ

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンさんが提唱した法則で、人間が相手から受ける印象が何によってどの程度影響を受けているかを示したものです。
ビジネスシーンなどでも広く知られていますね。

相手の第一印象を決める要素には「視覚情報(Visual)55%」「聴覚情報(Vocal)38%」「言語情報(Verbal)7%」の割合で影響を受けているという法則です。
「なんだ、やっぱり見た目かよ・・」という声が聞こえてきそうですが(笑)。
私はそうではないと思います。自分の与える印象は見た目だけでなく話し方、相槌の打ち方などに大きな影響を受けているということです。

これを初デートの場面に応用しながらもう少し具体的に解説していきます。
これはあくまでも私なりの解釈と工夫なので、皆さん自分流にアレンジして下さいね。

「視覚情報」の具体的な戦略

視覚から得られる情報のイメージ

視覚情報は55%と最も割合が大きいように見えますが、逆に言えば印象の中の半分程度です。
なので、イケメンでなければ・・おしゃれでなければ・・ということではないというのが分かりますね。
初デートにおいて私が「視覚情報」として重視するポイントは以下の3つです。

マッチングアプリで燃える火その1 爽やかさ、清潔感を重視

不潔感が漂う人はまずその時点でアウトです。
オシャレでなくてもイケメンでなくても、なるべく爽やかな色の入ったシャツなどシンプルで十分です。

そしてファッション以上に髪がボサボサ、爪の間に黒いものが詰まっている・・等々は人と会う際の基本的なマナーですね。
私から言えば「その程度のこと」を注意するだけで十分!クローゼットの前で何時間も悩む必要はありません(笑)

マッチングアプリで燃える火その2 一番大切なのは笑顔!そして姿勢良く

「視覚情報」において私が最も大切に考えるのは、笑顔と姿勢です。
これは経験上大きく印象に影響を与えると思っています。

恥ずかしい気持ちはとっても分かりますが、伏目がちで表情の乏しい人と例え1時間でも一緒に過ごすのはしんどいです。
シンプルだけど大切なことだと思いませんか?

マッチングアプリで燃える火その3 ゆっくりと行動するように心がける

これはサービス業の所作などでも言われることでもあると思いますが、緊張する時ほどゆっくり動くように心がけるだけで、「落ち着いている人」という印象が与えられます。

「難しそう・・」と思う人は普段の生活の中でもちょっと気を付けてみると良いですよ。
それだけであなたの男前度up間違いなしです。

「聴覚情報」の具体的な戦略

女性の耳

聴覚情報とは一般には声のトーンや話すスピードなどのことを言われることが多いと思いますが、私はもっと奥深いものだと思っています。

自分が一生懸命話をしている時にどのように相槌を打ってくれたか、反応してくれたかって耳が良く覚えてないですか?
私が注意しているポイントは2つです。

マッチングアプリで燃える火その1 アプリ同様、相手に「いいね!」を送る、相手に共感する

初対面の時にはとにかく、相手を褒める所から始めます。頷くだけでなくて言葉することが大切かと。
わざとらしく「素敵ですね」等と言う必要はありません!
「へぇ、いいですね!」と頷きながら笑顔でにっこり。これで十分です。

慣れてきたら「家族と仲が良いっていうのは羨ましいです」とか「仕事忙しいのに趣味にも時間割くって時間の使いかた上手いですね」とかそんな感じでちょっと自分の意見や感想を入れつつ褒めたり共感すると、相手は「自分の話を分かってくれてる!」とぐっと好印象になりますよ。

マッチングアプリで燃える火その2 相手の話を掘り下げる、広げる

人見知りな方にありがちなのが、緊張からなのか私の話に被せるように自分の話をバーッとされる方や、私の話に対し「へぇ…」で終了してしまう方がいらっしゃいます。
これは一見両極端ですが原因は同じです。この“ポイントその2”を押さえれば両方とも解決出来ます。

まず相手の話を聞いたら、その話を少し掘り下げる、広げる質問を1つすることです。
おススメの映画を聞いたら、「どの辺が特におススメポイントなの?」や、「違うジャンルで他におススメの映画ってある?」などと質問をするのです。

この時に1点注意しておきたいのが「なぜ」という疑問文です。
「何で○○したの?」と掘り下げる方法もあると思いますが、尋問しているような印象になってしまうので、その時は意識して「どうして○○したの?」と聞きます。
ちょっとした言葉の違いですが、私は気を付けるようにしています。

更に「私だったら△△しちゃうけど、どうして○○したの?」と「自分だったら・・」を枕詞に付けると、よりお互いの考えをやり取りする会話のキャッチボールがスムーズになりますね。
慣れてくると自然と口から出てくるようになりますよ。

「言語情報」の具体的な戦略

言語情報のイメージ

相手のプロフィールより質問を5個以上考えておくと良いです。
初デートで「何喋ろう…」と緊張しているあなた。言語情報から相手が得る印象はたったの7%なんです。

なので、ここにそんなに力を費やすのはナンセンスです。
自分がいかに多くのことを語ったとて初回デートでは殆ど相手の印象に残っていないということです。

それならば、有効的な方法はズバリ「聞き役中心になる」ということです。
会話のきっかけが難しいな、と緊張して頭が真っ白になるあなた。
「自分がしゃべること」ではなく「相手の話を聞くこと」を第一に考えるようにしましょう。これも難しく考えず、「相手を掘り下げる・広げる」ということが基本です。
新しいことを聞く必要はなくて、プロフィールには沢山のヒントが落ちてるじゃないですか!

「プロフィールにお酒を飲むのが好きって書いてたけど普段は何飲むの?」
「どうゆうところで飲んでるの?」
「飲む時のおつまみはどんな物が好き?」

こんな感じで掘り下げ、広げる質問をあらかじめ考えておけば、もう怖いものなし!です。
当サイトでは、初デートにオススメのスポットについてもご紹介しておりますので、ぜひ併せてご参考ください。

2回目のデートに繋げるために実践できること

カレンダーとハート

最後に「メラビアンの法則」からは少し離れますが、アプリ婚活ならではの「初回デートから2回目デートに繋がらない」という悩みに、一つ私の実践していた方法を提案しておきます。

シンプルなことですが、「初回デートの時点で既に2度目のデートプランはある程度考えておく」ということです。
初回はあくまでも「顔合わせ」です。2回で1セットくらいの気持ちで臨む。

そして、必ず1回目のデートでバイバイする前に少なくとも「提案」までは済ませておくことですね。
日時まで決めることが出来ればベストですが、「提案」まで出来れば、その話からまたやり取りを続けることが出来ますしね。
「会ってみて良ければ…」なんて言ってるとどんどんタイミングがズレてチャンスを逃してしまいます。

用意していても中々言い出すのが難しいかもしれませんが、所詮は人生で1度しか会っていない人。そこで断られても2度と会うことがないというのもアプリ婚活の利点なのです。
なのでぐっと勇気を出して「来月あたり○○行ってみない?」と提案してみましょう。

まとめ

デートがうまくいったカップル

如何だったでしょうか?全部のポイントを最初から完璧に網羅するのは難しいかもしれません。
でもここはメラビアンさんを信じて(笑)、より与える影響の割合が大きいものから少しずつ意識してみましょう!
あなたの印象がぐっと変わり、初デート成功間違いなし!ですよ。

なお、なかなかデートの約束まで辿り着けない…というかたは、こちらの記事を参考にしてみてください。

真里絵icon

この記事を書いた人 : 真里絵
女性|30歳|利用歴12年

次へスキップ