気になる人から好きな人へ
~マッチングアプリに使える恋愛テク

みなさん、恋愛テクニックには自信がありますか?
即答でYESと答えられる人は少ないと思います。

恋愛は駆け引きが大切だとよく言われていますが、マッチングアプリで出会った恋を発展させるには、もう少し複雑なテクニックも必要になってきます。
気になる人と出会うことができたら、お付き合いまで発展させたいですよね!

そこで、ガチとらメンバーの中でも恋愛マスターと呼ばれる真理恵icon真里絵を筆頭に、恋を叶えるための恋愛テクニックを伝授してみたいと思います!

「マッチングは出来るのになかなか発展しない・・・」
「自分からLINEを聞くことができない・・・」
「2回目のデートに繋がらない・・・」

といったお悩みを解決します!

written by 真里絵真里絵icon

恋ってなんだっけ?という方へ

  • 今まで一度も恋人ができたことがない
  • 何年も恋人がいない
  • そもそも好きな人がいない
  • 好きという感情が思い出せない

そんな「恋ってなんだっけ?」状態に陥ってしまった方へ。
もう一度恋したい気持ちを取り戻すために、今一度“恋愛をするメリット”について考えてみてはいかがでしょうか?

考えるより前に行動する!という方もいますが、恋する気持ちを忘れた時は何から始めたらいいのか分からなくなっていますよね。
そこで、まずはゆっくりと自分の中で考えをまとめていく方法をおすすめします。
感情的に考えるよりは、冷静になって論理的に考えてみましょう。

メリット1 心身ともに健康的になる

恋をすると様々な脳内ホルモンが分泌されます。
アドレナリン・ドーパミン・セロトニン・オキシトシンなど、所謂幸せホルモンと呼ばれるものや、抑うつに効果があるとされているホルモンです。
また脳内ホルモンだけではなく、女性なら女性ホルモン、男性なら男性ホルモンも多量に分泌されます。

これらは身体と精神の健康に深く結びついています。
恋をすると若々しくなると言われていますが、これもホルモンによる影響で肌ツヤがよくなるためです。

メリット2 漠然とした孤独からの解放

長年恋人がいない状態が続いていると、自分が孤独を感じているのかどうかも分からなくなってきますよね。
胸が締め付けられて世界に一人ぼっちになったような感覚に陥る激しい孤独感ではなくとも、なんとなく寂しさを感じていたり、なんとなく孤立感を感じていたりすると思います。

恋をすると、友達や同僚とは違った側面から世界と繋がっているような気持ちになります。
時には、恋をしているからこそ感じる孤独感もあるでしょう。しかしそれは本当の孤独ではありません。
本当の孤独とは、誰かを愛することもなく、また誰からも愛されていないことです。

メリット3 胸糞だったラブソングが名曲に聞こえる

恋をしていないときは、切ない恋を歌ったラブソングやラブストーリーのドラマや映画がなんとなく胸糞悪く感じることってありませんか?
他人の幸せが面白くない、所謂メシマズ状態に陥ってしまうわけです。

それはそのラブストーリーの中に登場する人物に共感ができないからです。
共感できない、もしくは共感する気がないので、見てもつまらないと感じたり、むしろ気分悪く感じたりするのです。

そんな胸糞悪かったラブソングやラブストーリーも、恋をすると不思議と見方が変わってきます。
ストーリーの中の人物に共感できるようになっているからですね。
世の中に数多く存在するラブソングやラブストーリーを楽しむことができるのも、恋をするメリットかもしれません。

メリット4 コミュニティが変化する

これは必ずしもメリットになり得るわけではありませんが、今の人間関係に少し違和感を感じていたり退屈さを感じている方には大きなメリットになるかもしれません。

同性の友達でも、なぜか既婚者は既婚者同士で、恋人持ちは恋人持ち同士シングルはシングル同士でグループができてしまうことってありますよね。
これは年齢世代関係なく起こる現象です。同じ悩みを共有し合える者同士でくっついてしまうんですね。 つまり悪く言えば、傷の舐め合いをしているわけです。

シングルグループにもいくつかパターンがありますが、良くないのは異性に対して不満を抱いているグループです。
「いい女(男)がいない」「女(男)なんてろくな生き物じゃない」と愚痴るシングルグループに属し続けていると、恋愛に対してネガティブになりがちです。
逆に異性に対して積極的なシングルグループもあり、こういったグループは恋バナで盛り上がったり合コンが頻繁に開催されたりします。(ガチとらはこれに近いです)

前者のシングルグループに属した状態で恋をすると、自然とメンバーに共感できなくなり、グループに属していることに違和感を覚えます。こうして少しづつコミュニティの変化が訪れるのです。
“少し新しい自分になってみたい!”と思っている方には良い転機になると思います。

メリット5 モテるようになる

恋をすると、自然と新しい恋が引き寄せられてくるようになります。
異性の反応に対して敏感になるということもありますね。

はじめの一歩が踏み出せたら、恋する→モテる→恋する→モテるの幸せ無限ループに突入します。
別れてもすぐに恋人ができる人や、大して冴えないのにモテる人はこの波に上手く乗っているのです。

◆じゃあ何からはじめる?

では肝心の、恋の始め方。

まずは自分の中のアンテナの感度を最大まで高めておきましょう。
無闇矢鱈に行動しても、アンテナが機能していなければ恋を見つけることはできません。
異性を“異性として”意識してみる、恋人になった姿を想像してみる、など、身近なところから自分の思考を変化させてみましょう。

そしていよいよ行動となった時。
おすすめなのは不特定多数の男女が交流を持てるような場に赴くことです。
が!実際にはそんな都合の良いシーンってなかなか遭遇しないですよね。
そこで多くの男女が出会いを求めて利用しているのがマッチングアプリというわけです。
自分も相手も恋愛がしたいという同じ目的を持っていますから、空振りになる心配はありません。

「いきなりマッチングアプリを始めるのはハードルが高すぎるかも・・・」

という気持ちも分かります。
たしかにマッチングアプリでの恋を成功させるためには、自分から積極的になることや多少のテクニックも求められます。
しかし恋のリハビリとして、まずは異性の写真やプロフィールを見るだけでも、気持ちに大きな影響を与えてくれます。
自分から声をかけるのが苦手という人でも、届いたいいね!にきちんと返事をするだけで恋がはじまる可能性が高まります。

恋のリハビリにおすすめなマッチングアプリは下記の3つです。

▼Omiai
omiaiページのTOP画像

チャラついたパリピが少なく、真剣に恋人探しをしている人が多い印象です。
マッチングの1つ1つが真剣なので、まずは会話を始めるだけでも恋のきっかけになりそうです。

▼with
withページのTOP画像

心理テスト診断が特徴的なマッチングアプリなので、誰にアプローチしたらいいのかわからない人でも簡単に相性の良い相手を見つけることができます。
エンタメ的にも楽しめるので飽きにくく続けやすいです。

▼Dine
dineページのTOP画像

メッセージのやり取りをスキップしてデートの約束を結ぶという画期的なマッチング方法です。
恋のリハビリというよりは少々強引な荒治療となりますが、実際にデートすることで恋への恐怖心もすぐに薄れます。

いずれのアプリも無料会員のままで異性の写真やプロフィールを閲覧することができますので、まずは気軽にダウンロードしてみてください。
マッチングアプリを使っているうちに、心ときめく運命の恋と出会えるかもしれませんよ!

真里絵icon

この記事を書いた人 : 真里絵
女性|29歳|利用歴11年

次へスキップ