マッチングアプリで燃える火ガチ勢しか知りえない
マル秘情報も多数公開中!
冷やかしはお帰りください!
1日5時間以上をマッチングアプリに費やす集団「ガチとら」が、

本気で出会えるアプリだけを厳選してご紹介するサイト

です。

 新着お知らせ

投稿日:   投稿者:真里絵

マッチングアプリの違反報告とパトロールの記事を追加しました。

投稿日:   投稿者:真里絵

マッチングアプリの年齢認証についての記事を追加しました。

投稿日:   投稿者:真里絵

Pairs(ペアーズ)With(ウィズ)tapple(タップル誕生)のストアくちこみ情報を最新の状態に更新しました。

投稿日:   投稿者:真里絵

新着お知らせ機能を実装致しました。今後お知らせがある場合はこちらで告知させていただきます。

はじめに


マッチングアプリが
恥ずかしい? バレたくない? カッコ悪い?

ちょっと何言ってるか分からないです。

新時代の年号を掲げる

一時代前の悪い先入観は脱ぎ捨てて、今の現実に目を向けてみてください。
2005年~2012年の間にアメリカで結婚したカップルの内、約30%はマッチングサービスで出会った男女です。

今やマッチングアプリを利用して恋人や友達を探すのは当たり前の時代です。
事実、20歳~49歳までの男女にアンケートをとった結果、何かしらのマッチングアプリを利用したことがあると回答したのは30%にものぼります。

30代以上の世代はこういったサービスに”悪質な出会い系”というイメージを持っているようですが、それとこれとは全くの別物です。
ミスコン級美女・高学歴イケメンといったハイスペック人種も当たり前の様にマッチングアプリを利用しています。

マッチングアプリは今でも十分世の中に浸透していますが、
もっともっと仲間を集めたい!マッチングアプリ人口を増やしたい!
という目的を持ち、このサイトを建ち上げました。

初めてマッチングアプリを利用しようと検討している方はもちろん、すでにマッチングアプリを利用している方にもご満足いただけるコンテンツを随時発信していきたいと思っております!
当サイトはマッチングアプリ調査集団「ガチとら」の運営でお送り致します。

ガチとらについて

マッチングは一日にしてならず

我々はマッチングアプリを1日5時間以上日常的に使い続けている、ガチのマッチングアプリ愛好家集団です。
自分たちの知識や経験が少しでも皆様のお力添えになればと、このサイトを作りました。
一般ユーザーが軽く引くくらいのガチ勢が、本当に会える最強アプリだけを厳選してご紹介していきたいと思います。

メンバー紹介

藤丸icon

リーダー

マサicon Ryoicon 遥斗icon
藤丸(36) マサ(29) Ryo(25) 遥斗(23)
利用歴10年 利用歴8年 利用歴4年 利用歴1年
真里絵icon

サブリーダー

ゆかちょicon NAGIicon メイコicon
真里絵(29) ゆかちょ(26) NAGI(33) メイコ(22)
利用歴11年 利用歴4年 利用歴3年 利用歴2年

マッチングアプリ道を
極めるべし!

マッチングアプリは世の中に星の数ほど存在しますが、本当に会えるのはその中の数%、ひと握りしかありません。
そしてそのひと握りの本当に会えるアプリの中でも、それぞれ個性と特性が違います。
真剣交際を目的としたマッチングに特化したもの、即日デートをセッティングしてくれるもの、グループ飲み目的の合コンアプリなどなど。
自分の目的に合わせて選ぶ必要があります

また、本当に会えるアプリは殆どの場合でSNSもしくは電話番号で認証を求められます。
そして必ず、年齢認証が必要です。
一時代前はこういった認証を嫌うユーザーが多かったようですが、今では高い安全性と紐付けて認識されていますので、逆に肯定的に捉えているユーザーが多いです。

冷やかし目的の利用者や悪質な業者が大幅に減少したのも、こういったセキュリティ面の変化にその一因があると思います。

マッチングアプリはSNSのようなイメージ

今ではマッチングアプリも一種のSNSに近い存在となりつつあります。
匿名性が高い掲示板方式の出会い系サイトとは異なり、マッチングアプリは自分個人を如何に上手くアピールしていくかが勝負の鍵となります。

ここから先はマッチングアプリを使って本気で会うための攻略方法を解説していきます。

「ネットで知り合った人と実際に会うのが怖い」
と躊躇している相手の心を開かせて、リアルなデートまで確実に持ち込むための戦略です。

「自分も会うのが怖いんだけど・・・」「とりあえずお試しで使ってみたいだけだし・・・」
という方の参考にはなりませんので、予めお断りしておきます。

\その1/

課金する価値はあるのか?

マッチングアプリへの課金は覚悟するべし

結論から言います。あなたが男性であれば、最低でも毎月2,000円程度の課金は覚悟してください
これは優良運営されているアプリの維持費として、最低限のシステム使用料だと思ってください。
男性も女性も安心して利用できる健全なアプリとなると、どうしても人件費がかかりますので、完全無料というわけにはいかないのです。
逆にきちんと利用料金を支払っているユーザーのみがアクティブに活動しているので、サクラや冷やかしはほとんど見かけることがありません
男性も女性も真剣にマッチングアプリを使っているので、デートにも積極的です。

ただし、使いどころはしっかりと見極めていきましょう
闇雲に課金額を重ねるだけでは良い出会いに繋がりません。
ここぞ!というタイミングで適切な投資をしていくことで、良質なマッチングを引き寄せることができます。

またよくある月額制のプレミアム会員枠ですが、特典・恩恵・コストを十分に把握した上で加入するようにしたいです。
アプリによっては月々たったの数百円払うだけで、マッチングできる数に雲泥の差があるようなサービスもあります。

本格的にマッチングアプリを利用する若者グループ

逆に悪質なアプリになると、毎月5,000円近くも月額料金を支払っているにも関わらず、1件もマッチングが発生しないということもあります。

月額利用料金+都度課金が発生することも踏まえて、毎月の利用限度額を自分の中で決めておくと計画的に利用できます。

\その2/

プロフを完全攻略すると成功率は200%上昇する

いいね!を送る女性のイメージ

マッチングアプリにおいてプロフィールを極めることは最重要ポイントとなります。

特に写真がメインのマッチングアプリは、多少のコストをかけてもが集まる写真を撮影しておきたいところです。
写真を一瞬みただけのファーストインプレッションでサクサクと進めるタイプのマッチングアプリは、マッチング率は高くなりますがその後のメッセージのやり取りまで繋がる確率は低くなりがちです。
好きでもないけど嫌いではないレベルで気軽にを送ってしまうので、実際にマッチングしたとしても特に興味が沸くこともなく、放置してしまうのです。
この気軽なマッチングがアプリの良いところでもあるのですが、デートまでたどり着くためには相手に興味を持ってもらう必要があります

ここで重要なのが、原点回帰したプロフィール戦略です。
プロフィール画面が充実している場合と、プロフィール画面が空白のままになっている場合だと、返信率が200%以上違います
これは男女ともに同じで、男性でも女性でも、できる限り相手の情報を把握してから会話をはじめたいと思っているのです。
大手有名アプリはアップデートするごとにプロフィール画面の充実化を図っており、プロフィールを書く側も見る側もエンタメの一環として楽しめるように設計されています。

またマッチングアプリを使う理由のひとつとして、共通する趣味を持っている人間と繋がりたいという願望があります。
プロフィールの中にひとつでも自分が興味を持っているキーワードが含まれていれば、思わず返信したくなるものです。

返信率の実験を含め、最強プロフのつくり方を男女別に解説していますので、さらに詳しくは下記のページをご覧下さい。

\その3/

アカウントの育成が勝負を左右する

アカウントを育ててナイスマッチしよう

今やマッチングアプリはSNSの領域に達しています。
新規開設したてのアカウントよりも、時間をかけて育てたアカウントの方がマッチング率がUPします。
よく考えると矛盾しているようにも感じるのですが⋯これが現実です。

アカウントの育成とは、主にプロフィールの充実化累計獲得数を稼ぐことです。
アプリによっては累計獲得数でランキング化し、人気ユーザーを上位表示するようなコンテンツもあります。
やはり数が少ないよりも、一定数稼いでいたほうが安心感が高まり、マッチングが成立しやすくなります。

一般的なSNSの場合、フォロワーが少ないアカウントは誰も気に留めませんが、フォロワーが沢山いるアカウントは注目されるようになります。
マッチングアプリにはフォロー機能はありませんが、その代わりの指数として累計獲得数に注目されるのです。

プロフィールの充実化に関しては、写真や自己紹介文といった基本的なポイントを抑えるだけでは物足りません
リアルタイムに投稿できる一言コメントもこまめに更新するようにしましょう。
一言コメントとは、LINEのステータスメッセージやTwitterのつぶやきの様なイメージです。
一言コメントを用意していないアプリもありますが、有名な大手アプリだと大概用意されています。

自分がアクティブに活動中であることをアピールすることでマッチング率は格段に上がりますし、即日デートの可能性もUPします。
一時代前のマッチングアプリは登録初日~3日間が勝負と言われてきましたが、今主流となっているSNS型マッチングアプリの場合は、これとは正反対の現象が起こっているのです。

鉄板おすすめ
マッチングアプリ5選

マッチングアプリ愛好家集団が不動の信頼を寄せる本当に会えるマッチングアプリ5選を発表したいと思います。
なんだかんだ言ってますが、難しいことは考えずこの5つのアプリさえ入れておけばほぼ確実にデートまでたどり着けます。

\まずはコレ/

常備アプリ5選

※稼働率はガチとらメンバーが毎日アプリを起動させている割合から算出しています。

目的に特化したアプリで
理想の相手を狙い撃ち

上記5つのマッチングアプリはマストでDLしておいて欲しいのですが、それとは別に目的別に特化したアプリを予備軍として利用するのもアリです。
汎用性には欠けますが、ピンポイントで狙った目的の出会い方を達成できるおすすめアプリも併せてご紹介します。

\結婚したい/

本気の婚活

本気の婚活をしているのであれば、マリッシュゼクシィ縁結びがおすすめです。
成婚率で言えば上記でも紹介したペアーズが強いですが、婚活目的以外の利用者も多く、精査する必要が出てきます。
マリッシュやゼクシィ縁結びは本気婚活目的で利用しているユーザーが大多数なので、効率よく目的を果たすことが叶います。

\ガチ/

真剣な恋人探し

遊び目的ではなく、真剣に交際できる相手を探したいのであれば、ゼクシィ恋活Omiaiがおすすめです。
いずれも将来的には結婚を前提としたお付き合いを希望している男女が集まっています。
冷やかしもいないので、メッセージやり取りの段階から真面目に相手とコミュニケーションを取ることができます。

\サクッと/

即日1:1デート

手っ取り早く誰かとデートしたいのであれば、デーティングクロスミーもおすすめです。
今一番盛り上がっているのは上記でご紹介したDine(ダイン)ですが、これより以前はクロスミーが主流でした。
日常特化型ということで、ちょっとしたスキマ時間にサクッとデートできるのが便利です。

\みんなで/

合コン飲み

女子的にハードルが低く、会える率が高い合コン系アプリのラッシュPATOもおすすめです。
キャバクラよりも現実的な出会いが欲しい、男だけの飲み会じゃつまらない、普通にワイワイ飲みたい、という時に使えます。
女子側のスタンスも軽いので、お持ち帰りできる可能性も無きにしも非ずです。

\Hだけ/

セックス目的

ぶっちゃけヤリたいだけなら、鉄板はTinderハッピーメールです。
ユーザーの半数以上が”そのつもり”で利用しているので、初デート日にそのまま直行できます。
特にTinderは外国人旅行客の利用率も高いので、文字通り”世界を股にかけたい”人におすすめです。

\審査あり/

ハイスペ限定

美人・高学歴・高収入といったハイスペックな人種とお近づきになりたいのであれば、東カレデートSugarDaddy(シュガーダディ)が最適です。
SugarDaddyは元々パパ活を目的とした出会いの場であるため、男性も女性も総じてレベルが高いです。
東カレデートは審査型登録方式なのでハードルは高いですが、見た目や年収に自信があるなら是非参加しておきたいアプリのひとつです。

マッチングアプリ今後の展望は?

マッチングアプリのサードウェーブとして今後注目されているのは、ニッチな人種に特化したコンテンツです。

米国では既に”田舎暮らし志向限定マッチングアプリ””グルテンフリー志向限定マッチングアプリ”などがリリースされ、話題となっています。

SNSやマッチングアプリが爆発的に発展したことで、「多様多趣な人間と幅広く繋がりたい」という欲求から、「自分に似ている人種と限定的なコミュニティを築きたい」という欲求に変化しています。

日本国内でもこの流行を取り入れたマッチングサービスが続々と誕生していますので、当サイトでも随時調査していきたいと思います。

マッチングアプリ歴10年
の俺が言えること

written by 藤丸 藤丸icon

マッチングアプリを使い初めて早10年。
もはや正しい数字は不明だが、軽く数千人以上の女性とメッセージのやり取りをしてきたと思う。
実際に顔を合わせたのはそのうち1割程度、大体150~200人くらいだと思われる。(記憶が曖昧)
失礼な話だが、大多数は顔も名前も思い出せない。
10年もマッチングアプリを使い続けていれば、これが普通だと思う。

マッチングアプリを10年使い続けてきた経験を元に、これからマッチングアプリを始めようと思っている初心者諸君に言いたいことが3つある。

1つ、下手なソシャゲよりも手間と時間がかかることを覚悟するべし
2つ、相手は自分よりも警戒心を抱いていることを忘れるな
3つ、想像を超えるような素晴らしい出会いは、意外と沢山ある

この3つの心得はマッチングアプリ上級者でも時折忘れがちになる。
が、非常に重要なポイントであることは間違いない。

まず1つ目「下手なソシャゲよりも手間と時間がかかることを覚悟するべし」について補足する。
大抵のマッチングアプリは、マッチングが成立した時のみならず、をもらった時にも通知が届く。
そして男性会員としてのメイン行動となるのが、ただひたすらにを送り続けるということになる。
アプリにもよるが、1日に送れるの数には上限が設けられており、真剣にマッチングを狙っているなら毎日これを消費していく姿勢が必要不可欠なのは間違いない。

例えば1日に送れる上限数が30個だった場合、毎日好みの女性を30人見つけなければならない。
そして、複数のマッチングアプリを同時に利用している場合、1日に送らなければならないの数はそれだけ増える事になる。
つまり、
アプリA:1日上限30個+アプリB:1日上限20個+アプリC:1日上限50個
=毎日100人の女性にを送り続ける必要がある。

日常生活を送る上で、毎日すれ違う数百人数千人という女性たちの中で、「仲良くなりたい」「話しかけてみたい」と思える女性はどれくらいいるだろうか?
恐らく多くても十数人程度ではないだろうかと思う。
その10倍近くの女性たちを、毎日アプリの中で精査していかなければならない。
これは想像以上にハードだし、地道な作業となる。

しかし、こういった地道で果てしない作業を続けるからこそ、時に奇跡のような美女と知り合えることもある
真剣にマッチングアプリを使っていく覚悟があるなら、手間と時間を惜しんではいけない。

次に2つ目「相手は自分よりも警戒心を抱いていることを忘れるな」について補足したい。
初めてマッチングアプリを使う時は「もしかして相手はサクラなんじゃないか?」「ドタキャンされるかもしれない」「犯罪に巻き込まれる可能性があるかも…」と少なからず不安感を持ってしまう。
しかしよく考えてもらいたい。相手の女性の方が、我々男性陣よりも遥かに危険なリスクと不安心を持ってアプリを利用していることは間違いない。
つまりこちら側のスタンスとしては、「疑うことよりも、疑いを晴らすことに注力すべき」ということになる。
少しでも自分が疑われていると感じたら、その相手は間違いなくサクラではなく一般女性であるし、そのチャンスを逃してはいけない。
なぜなら無視せずメッセージのやり取りをしている時点で、少なからず自分に興味を持ってくれているという証明なのだから。
相手の女性を疑うヒマがあるなら、積極的にメッセージのやり取りを重ねて1人でも多くの女性と直接会い、女性がどれほどの覚悟で自分に会いに来てくれたのかを感じ取ってほしいと思う。

最後に3つ目「想像を超えるような素晴らしい出会いは、意外と沢山ある」について、俺自身のエピソードを少しだけ話したいと思う。
これまで数多くの女性と、様々な関係を築いてきた。
そのほとんどが他愛もない暇つぶしのような浅い関係だが、中には人生に影響を与えてくれた素晴らしい出会いもいくつかあった。

そのひとつが、今はもう別れてしまった元カノの存在。
彼女とは8ヶ月という短い交際期間ではあったが、婚約まで至った。
家族想いの彼女は、マッチングアプリで知り合った俺との結婚に激怒した両親の反対を振り切ることができず、結果として破局する道を選んだ。

彼女が俺の人生に及ぼした影響は底知れず深い。
それは悪い意味ではなく、全て、何もかも引っ括めて、良い意味で。
それまで俺は誰かと結婚をしたいなんて感情を抱いたことはなかったし、純粋に相手を愛するということも、初めての体験だった。
それまで興味がなかった演劇や音楽の楽しみ方を教えてもらったし、好きな食べ物も増えた。
別れた後も、いろいろなシーンで彼女の存在を思い出す。
小さなことから大きなことまで、彼女が俺に与えた影響はとてつもなく大きいと感じる。

こんな人間臭い、でも当たり前な、人と人の出会いを可能にしてくれたのも、マッチングアプリあってこそ。
親兄弟や親友にも相談できないようなことを話せる心の友にも出会えたし、数年に渡り定期的に遊べるような女友達もできた。
後ろめたいことなんて、何一つない。非難される筋合いはない。
それでも、未だにマッチングアプリを使う我々を蔑む人たちは多い。
そういった世間の偏見を払拭するためにも、自分の経験を活かしながらこのサイトを運営していきたいと思っている。

藤丸icon

この記事を書いた人 : 藤丸
男性|36歳|利用歴10年

マッチングアプリで
年下イケメン男子を
100人喰った女

written by ゆかちょ ゆかちょicon

セックス大好き、ゆかちょ(26)です。
私はいろんな男に抱かれてみたい。特に、年下イケメン男子に抱かれたい。
ただそれだけの為にマッチングアプリを使ってます。

自分の欲求に正直であることは、精神衛生上健康的に生きていく上で重要です。
ですが私のセックスがしたいという願望は、日常の中でぶっちゃけるには少々ハードルが高めです。
リアルなコミュニティの人間関係に傷を付けることなく、この欲望を発散させるにはマッチングアプリが最適でした。

実際、これまで約4年近くの間に、100人以上の男性と関係を持ってきました。実際に体の関係を持ったのは半分くらいかな?と思います。
学生さん、フリーター、サラリーマン、ホスト、外国人etc⋯
もちろん私的に、全員イケメンです。

肉食系女子のみなさん、今のセックスライフだけで満足できていますか?
もっと自分らしく、自由奔放に性を謳歌できる場所がありますよ!
それもタダで。しかも好みのイケメン選びたい放題で。
それがイマドキ男女の出会いを支えるマッチングアプリの世界です。

様々な人間が集まるマッチングアプリ界の中でも、私のようにヤリ目で登録している女性会員というのは、非常に希です。
やはり婚活や恋人探しで利用している方が圧倒的大多数です。
またこれが原因で、サクラじゃないのにサクラだと勘違いされるパターンもあります。
体目的で利用してる女ユーザーなんて、如何にも嘘くさいですもんねw

もちろん私側も、実際に会うときには最大限の注意を払い、犯罪やトラブルに巻き込まれないための予防策を講じています。
安全でなければ心から楽しむこともできませんからね!
なのでどれだけ顔が好みでも「なんか危なそうだな」と思ったら諦めるようにしています。

それでもこれだけ多くのイケメン達と、大したトラブルにも巻き込まれず遊び続けることができたのは、健全な一般人が沢山利用しているということでもあり、セキュリティが確保されている安全性の高いアプリが多いということでもあります。
今後はもっともっとマッチングアプリ利用人口は増えていくことでしょう。

婚活や恋活目的だけではなく、私のようにイケメンだけを求めた使い方もアリなんだと思います。
恋人じゃなくて話し相手が欲しい、コアな趣味を共有できる友達が欲しい、イベントの人集めをしたい、などなど、使い方は無限大です。
SNSの側面が大きくなってきた現代のマッチングアプリだからこそできる使い方だと思います。

いつか運命の人と巡り会い、退会するその日まで、私はマッチングアプリを使い続けます。
どこかのアプリで貴方に会えることを楽しみにしています。

ゆかちょicon

この記事を書いた人 : ゆかちょ
女性|26歳|利用歴4年

まとめ

ここまで読めば、あなたもマッチングアプリに対する偏見を綺麗さっぱり忘れ去ることができたのではないでしょうか?
若者にとっては当たり前のツールとして、2人に1人のスマートフォンにはマッチングアプリがインストールされている時代なのです。

いやいや、まだ信用できないよ⋯
という方もいるかもしれませんが、それはそれで良いです。無理強いすることはしません。

ただ、マッチングアプリの多くは無料で登録することができ、お相手とのメッセージくらいまでならお金はかかりません。女性の場合はほとんどが完全無料となっています。

人生経験だと思って一度登録してみたら、案外すんなりと良い出会いがあった、なんてことになるかもしれませんよ。

頑なになって怖がらず、まずはライトな気持ちから始めてみましょう。
当サイトでは初心者におすすめのマッチングアプリもご紹介しておりますので、ぜひ一度トライしてみてください。