written by さおりんさおりんicon

既婚者向けマッチングアプリとは?恋活アプリとの違いも解説!

既婚者向けのマッチングアプリが存在することをご存知でしょうか?
既婚者マッチングアプリとは、不倫やセフレ探しを推奨するものではなく、心を許し合えるセカンドパートナーを探すためのサービスです。

既婚者であれば誰しも、パートナーへの不満や、家庭に関する悩みが少なからずあると思います。
そんな日々の不安や悩み事を相談し合える、既婚者同士の大人なお付き合いを可能にするのが既婚者マッチングアプリです。

既婚者マッチングアプリおすすめ6選

既婚者向けのマッチングアプリは恋活アプリに比べてまだまだ知名度は低いですが、徐々にその利用者数を伸ばしてきています。
主要な既婚者マッチングアプリのサービス内容についてまとめましたので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

サービスごとにおすすめの利用者をまとめると、以下のようになります。

  • 遊びや体目的ではなく、真剣さを重視したパートナー探しをしたい人
    ヒールメイト
  • 飲み会を通じて、異性の友人やセカンドパートナーを探したい人
    OVENS(オーブンズ)
  • 同世代のパートナーを探している40~50代の人、年上の異性と話したい30代の人
    afternoon.(アフターヌーン)
  • 利用者が多い大手のサービスを使いたい人
    既婚者クラブ
  • 最新のシステムを利用して、自分に合ったパートナーを選んでほしい人
    カドル
  • 40代~60代で、既婚者の友だちを探したい人
    Sepa(セパ)

次項から、各サービスの特徴について詳しく見ていきましょう。

ヒールメイト(Healmate)

ヒールメイト公式スクリーンショット
運営母体 レゾンデートル株式会社
推定会員数 1万人以上
月額料金(税込) 男性
  • 単月プラン9,800円
  • 3ヶ月プラン 23,400円(7,800円/月)
  • 6ヶ月プラン 34,800円(5,800円/月)
  • 12ヶ月プラン 45,600円(3,800円/月)
女性 無料

ヒールメイトは、体目的や複数の異性と関係を持つことを望んでいる利用者を完全に排除した、真剣さ重視の既婚者マッチングアプリです。
電話番号やクレジットカードの登録は必要なく、手軽に会員登録できる点がメリット。
30代のユーザーも比較的多く、若い人にもおすすめできるサービスです。

ガチとら調査員さおりん

さおりん

ヒールメイトは、良くも悪くも普通のマッチングアプリという印象を受けました。
若い利用者も多いので、30代で相手を探している人にはおすすめです。
登録までに時間がかかる点がマイナスポイントですが、コンセプトに共感できる方は登録してみるのもアリだと思います。


OVENS(オーブンズ)

オーブンズ公式サイトのメインイメージ
運営母体 株式会社ベース
推定会員数 ??万人以上
月額料金(税込) 男性
  • 単月プラン9,700円
  • 3ヶ月プラン 23,100円(7,700円/月)
  • 6ヶ月プラン 34,200円(5,700円/月)
  • 12ヶ月プラン 44,400円(3,700円/月)
女性 無料

OVENSは、既婚者専用の合コンセッティングアプリです。
新しいサービスですのでまだ会員数は多くありませんが、ライバルが少なくマッチングしやすいとも言えます。
「既婚者に、上質な出会いを。」というコンセプトの通り、ハイスペックな会員が多い点が魅力です。

ガチとら調査員さおりん

さおりん

2対2以上じゃないと飲み会が開催されないので安心して使えました。
1日に20人しかおすすめの異性が表示されないのが欠点ですが、既婚者向け合コンサービスという他にはない試みのサービスなので、今後の成長に大いに期待できます。


afternoon.(アフターヌーン)

アフターヌーンの公式スクリーンショット
運営母体 株式会社アフターヌーン
推定会員数 3万人以上
月額料金(税込) 男性
  • 単月プラン9,800円
  • 3ヶ月プラン 23,400円(7,800円/月)
  • 6ヶ月プラン 34,800円(5,800円/月)
  • 12ヶ月プラン 45,600円(3,800円/月)
女性 無料

アフターヌーンは、2020年にサービス開始して以来順調に会員数を伸ばし続けています。
ユーザー層は40~50代と、やや年齢高めの落ち着いている人が多い印象です。
同じく40~50代の人、もしくは年上の落ち着いた異性と話したい30代の方におすすめのサービスです。

ガチとら調査員さおりん

さおりん

アフターヌーンには「トピック」という掲示板のようなシステムがあるのですが、これが読んでいてとても為になるし面白いです。
実際のユーザーも真剣な人が多く、私としてはかなり好感を持てるサービスだと感じました。
登録者もどんどん増えているようなので、パートナーを探している人は一度チェックしてみることをおすすめします。


既婚者クラブ

既婚者クラブの公式スクリーンショット
運営母体 株式会社リンクス
推定会員数 20万人以上
月額料金(税込) 男性
  • 単月プラン6,578円
  • 3ヶ月プラン 16,434円(5,478円/月)
女性 無料

既婚者向けマッチングアプリの中でもトップクラスの実績を持つサービスです。
登録者が多いため、地方在住の人でも出会える点がメリット。
プロフィール写真には必ずボカシの加工が入るため、身バレしたくない方にもおすすめです。

ガチとら調査員さおりん

さおりん

既婚者クラブを実際に使ってみた感想は、可もなく不可もなくといった感じです。
個人的に気になるのが、露骨なネーミングですね。
サービス名のせいで、ログインするたびに軽く罪悪感を覚えます。
ただ、ユーザー数が圧倒的に多いので、地方に住んでいる方にはおすすめできるサービスです。


カドル(Cuddle)

カドルのイメージ
運営母体 ThirdPlace株式会社
推定会員数 10万人以上
月額料金(税込) 男性
  • 単月プラン9,980円
  • 3ヶ月プラン 23,940円(7,980円/月)
  • 6ヶ月プラン 35,880円(5,980円/月)
  • 12ヶ月プラン 47,760円(3,980円/月)
女性 無料

カドルは、既婚者向けマッチングアプリでは珍しいスワイプマッチング方式のシステムです。
AI機能が自動で合いそうな人をピックアップしてくれるため、手っ取り早く自分に合いそうな人を選んでもらいたい方に適したサービスといえます。
20代や30代のユーザーも多く利用しているため、同年代の相手を探している若い既婚者におすすめです。

ガチとら調査員さおりん

さおりん

カドルは若い人が多く登録している印象を受けました。
AI機能やスワイプマッチングというシステムが、若者にウケるのかもしれませんね。
使い方が独特な分、好みが分かれるサービスかなとも思います。
都市部にお住まいで、システムに魅力を感じる方にはおすすめできるサービスです。


Sepa(セパ)

セパのイメージ
運営母体 SEPA運営事務局
推定会員数 ??万人以上
月額料金(税込) 男性
  • 単月プラン4,980円
  • 3ヶ月プラン 11,940円(3,980円/月)
  • 6ヶ月プラン 17,880円(2,980円/月)
女性 無料

セパは「いいね!」機能がなく、足あとや検索からお相手にいきなりメッセージが送れる点が特徴的な既婚者専用マッチングサービスです。
既婚者向けサービスの中でも会員の年齢層が高い印象で、40代以上の方に向いていると言えます。20代や30代の方は他のサービスを利用した方が良いでしょう。

ガチとら調査員さおりん

さおりん

既婚者向け友活マッチングサービスとのことですが、意外にも積極的な会員が多い印象でした。友活・恋活のみならず、大人の関係目的の方も少なくなさそうです。
気長にお相手を探したい40~60代以上の方にはおすすめできますが、会員数が少ないのが大きなマイナスポイントです。

既婚者アプリと恋活アプリとの違いは?

恋する既婚女性のイメージ

一般的なマッチングアプリとのもっとも大きな違いは、登録者が既婚者に限定されるということです。
自分が既婚であることはもちろん、相手も既婚であることが条件ですので、生活リズムや境遇が似た異性と出会うことができます。

既婚者マッチングアプリは恋活婚活アプリに比べて、落ち着いた雰囲気の人が多い点も大きな特徴です。
すでに家庭を持っているしっかりとした人が登録していますので、ガツガツした人や軽い人はほとんどいません
既婚者がマッチングアプリを使っているというと聞こえは悪いかもしれませんが、ほとんどの人が真面目にパートナーを探すために利用しているのです。

また、恋活婚活アプリが恋人や結婚相手を見つけることであるのに対して、既婚者マッチングアプリを利用する人の目的はさまざま。
気楽な飲み友達や趣味友達、愚痴や相談ができる相手、メールや電話をするだけの相手を探している人も多いですが、婚外恋愛やセカンドパートナー探しを目的に利用している人も多くいます。

セカンドパートナーとは?

カフェデートを楽しむ婚外カップル

セカンドパートナーとは、配偶者以外に恋愛感情を持つ相手のことを指します。
セカンドと付くようにあくまでも2番目であり、お互いの家庭は壊さないことが前提条件です。

また、デートや食事をしたり、手を繋いだり抱き合ったりすることはあるものの、体の関係は伴わないこともセカンドパートナーの特徴です。
他に、「婚外恋愛」「プラトニック不倫」と呼ぶこともあります。

既婚者マッチングアプリを利用している人の中には、このセカンドパートナー探しを目的としている人が多くいます。私もその1人です。

セカンドパートナーを作ることのメリットは、結婚という責任を負うことなく純粋にご飯やデートを楽しめるため、独身時代のような恋愛感情のドキドキを味わえる点にあります。
また、心安らげるパートナーがいることで、心にゆとりが持て、夫や妻に優しくすることができます。

既婚者が新しい恋愛をしたくなる理由

既婚者になっても「新しい恋がしたい!」と欲求を募らせる人は多いですが、どのような理由が影響しているのでしょうか?
考えられる原因をいくつかご紹介します。

\理由その1/

日常からの脱却

長い結婚生活を送るうちに、平穏な日常のルーティーンに疲れを感じてしまうこともありますよね。
新しい恋愛をすることによって、この日常のルーティーンを打破しようとしているのかもしれません。
新しい相手との刺激や体験は、日常に新たな活力をもたらしてくれるでしょう。

\理由その2/

自己肯定感の向上

自分を魅力的だと思ってくれる相手と同じ時間を過ごすことで、自己肯定感のUPに繋がります
自己肯定感が向上することによって、日々をポジティブな気分で過ごせるようになります。
前向きな気持ちで日常を過ごすうちに、配偶者との関係も改善するかもしれません。

\理由その3/

新たな感情の探求

平穏な結婚生活を過ごすうちに、恋人同士だった頃の興奮や情熱は忘れ去られていきます。
新しい恋愛を始めることで、そういった感情を再体験するチャンスになるかもしれません。
昔の情熱を取り戻すことで、自分自身を再発見し、人生に新たな活力をもたらしてくれるでしょう。

既婚者が新しい恋愛に向かう理由は人それぞれですが、上記の理由がその一因になっていることが多いです。
ただし、下手な相手に手を出してしまったり、夢中になりすぎて家庭を顧みなくなってしまったりするのは良くありません。
既婚者同士の婚外恋愛であれば、お互いにリスクの低い距離感を保つことができるでしょう。

おわりに

既婚者マッチングアプリの概要やおすすめのサービスについてご紹介しました。
利用者数やサービスの種類も徐々に増えていることから、需要のあるサービスであることがわかります。
実際に使用してみると紳士的な人が多くいるので、個人的には恋活婚活アプリより治安がいいと感じました。

ただし、利用にはもちろんリスクが伴います。
万人におすすめできるサービスではありませんので、デメリットも十分に理解した上で利用してみることをおすすめします。

決して不倫を推奨しているわけではありませんが、こういったサービスを利用して色々な異性とお話するだけでもかなり気分転換になります
気になる方は、公式サイトを覗いてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

ガチとら調査員さおりん

さおりん

私の場合、登録当初は夫に対する後ろめたさを感じ、何度も退会するべきか迷いました。
しかし、実際に利用していると真剣な人が多く、似た境遇の人がほとんどなので話していて楽しさを感じます。
利用前に比べると夫との関係も良好になったので、これからも活動を続けていくつもりです。

みなさんもぜひ、素敵な関係を築けるお相手を探してみてください!

さおりんiconこの記事を書いた人 : さおりん
女性|36歳|利用歴0年